「心身ともに健康で心の底からワクワク楽しく生きる」ための情報発信ブログ

#健康マニアな薬剤師 Akitoshi Tokubuchi 競技ヨーヨー全日本チャンピオン

Lifelog QOL向上

もう手放せないロボット掃除機。時間・労力を計算すると意外と安い!?単純作業を自動化し、スッキリきれいに快適に。

投稿日:

本当にやりたいことだけが出来るようになってきた中で、
やらないでいいことをやらないと決めたり、
自動化させたりすることが有効だとつくづく感じます。

限られた人生時間の中で、いかに至福幸福な時間を増やせるかが人生の満足度に関わっていると僕は思います。

ということを以前
僕が暮らしで大切にしている3つの軸。あなたが人生で心の底からやりたいことは何ですか?
の記事でも少し書きました。

そこで今回は少し前に自動ロボット掃除機(ルンバが有名)を買ってみましたので
3ヶ月程使ってみた感想を!

ロボットに任せるほど部屋が広くないという方や一人暮らしの方の中には、
あまり必要性を感じない方もおられると思いますが、
計算してみると考えが変わるかもしれませんので、よければもう少しだけお付き合いください!笑

 

心身ともに健康で心の底からワクワク楽しく生きるために、
やりたいこと・ものを整理して、良いものだけに囲まれて過ごす
のは僕にとって大切なことの一つだと思っています。

そこで3ヶ月程前に自動ロボット掃除機 ILIFE V3s Pro を購入しました!

僕が今回購入した理由は以下のように考えたからです。

週2回、10分間の掃除をするとした場合、1年で
10 (分) × 1/60 (時間/分) × 2 (回/週) × 4 (週/月) × 12 (ヶ月/年) = 16 (時間/年)
掃除に充てていることになります。

仮に時給を1500円として、掃除に対して1年で
1500 (円/時間) × 16 (時間) = 24.000 (円/年)
相当の労力がかかっていると考えました。

年間2万4千円程度掃除に労力がかかる計算になるから
自動ロボット掃除機が1万円程度で済む(ILIFE V3s Pro セール時に購入)なら結果的に時間もお金も浮くし、
数年間掃除してもらえるのならかなり安い買い物かなと笑

しかも、この機種ならスケジュール機能があるから、仕事やお出かけ中に掃除も終わっていて、
帰宅時には家がきれいな状態に保たれている
というのを想像したらかなり良さそうだな...と。

結果...想像以上に快適です!

更に、自動ロボット掃除機を導入する際には、床に物を置かない必要があるので、
気がつけば部屋が散らかっているということも全く無くなりました。

毎日自動的に部屋がスッキリきれいに片付いている心地よさはQOLを高め
勉強や練習等にも集中できるので本当に買ってよかったなと思っています!

ILIFE V3s Pro ロボット掃除機の活躍ぶりを観察していたところ、
前面にセンサーがあり、壁や障害物にはぶつからず、
細くて検知できなかった物にぶつかっても前面に衝撃をおさえるバンパーがあるので物を壊す心配はなさそうに見えます。
ただ、床に置いた軽量なものは障害物とみなさず、空の小さなゴミ箱程度の軽さであればぐいぐい押していっちゃうくらいのパワフルさはあります笑
設定したスケジュールの時間になれば掃除を始めてくれ、終われば自動でおうち(充電器)に帰っていくかわいいやつです。

お風呂上がりに台所へ行った際に、炊く前にこぼした玄米が足の裏にくっつくようなこともなくなり性能も全く申し分ないです笑
正直僕が掃除したときよりもホコリひとつ無くちゃんとピカピカです
本当に有能。

余計なものを置かなくなるのもあり、部屋もスッキリして本当に気持ち良いです。
浮いた時間をやりたいことに充てられるのでとても満足しています!笑

仕事中に手間なく掃除や料理(真空低温調理)等が全て完了している生活
快適さは一度味わったら手放せなくなると思います笑

もちろん掃除が好きな方はじっくりされると良いと思いますが、
特に楽しみを見いだせない単純作業を自動化できるツールはとても便利です。
お金で時間を買える(しかも結果的にはお金も浮く)便利なツールこそ
真に生活を豊かにしてくれるものだなと思います。

いいなと思った方は、自動ロボット掃除機の導入も是非検討してみてください!
できた時間を好きなことに使って日々の生活を有意義に!

 

 

#健康マニアな薬剤師 AkitoshiTokubuchi 競技ヨーヨー全日本チャンピオン

-Lifelog, QOL向上

Copyright© #健康マニアな薬剤師 Akitoshi Tokubuchi 競技ヨーヨー全日本チャンピオン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.